2011.05.13

いつも写真を撮る時とか、撮った後に写真をセレクトする時も、一番大事にして心がけていることがあります。それは被写体の方の目が活きているか、瞳が輝いているかと言うことです。
顔は笑っていても、目は決して笑っていない人、目は細いけど、笑っている人もいます。事務所に帰ってきてから、写真をセレクトして活きた目の表情が撮れていると、たまらない喜びを感じます。
やはり「目は口ほどに物を言う」ということでしょうか。
せっかく受かった大学も中々授業が始まらずに、目標を見失いかけていた我が家の子供も、授業が始まり目に輝きが戻ってきました。
震災以来、私も目標を見失いそうになることがあります。心が沈んでしまう時もあります。
今度は、子供に私の心を引っ張り上げてもらえるかもしれません。

この記事は過去に投稿したものですが、掲載されていたブログが閉鎖になったので、こちらに再掲載させていただきました。
15.08.08

[家族]    [写真]    

follow me

Katsu photo studio ↑ フィード・ティッカーを使ってみましょう